薬のない病院

中国の北京の近くに、

「薬のない病院」があったそうです。
(政治的な理由で、2001年に閉鎖されてしまったそうです)

このYouTube動画に、“薬のない病院”で、
直径が9センチほどにも大きくなってしまった
ぼうこう癌を患った女性が、ベッドに横たわっています。

その周りに、3人の施術者と、
モニターの前に座っている先生がいます。

モニターには、生徒さん(この病院では、”患者さん”ではなく、
”生徒さん”と呼ぶそうです)の患部、

黒い影になっている、癌に侵されている部分が
映し出されています。

3人の施術者が、何か言葉を唱えます。
繰り返すこと、約3分。

なんと…黒い影が、どんどん薄くなっていきます。
そのうちに、癌がなくなってしまった…。

動画の中でこの病院を紹介している
グレッグ・ブレイデンさんの説明によると、

施術者は、それぞれのハートの中で、
生徒さんが、もう既に良くなっていることを
感じるのだそうです。

そして、その感覚が深まるような言葉を、
自分たちで選んで、唱えるそうです。

この映像の中で唱えている言葉は、

「すでに良くなっている」
「すでに完治している」
「すでに癌は消えている」
「すでに癒されている」

だったそうです。

でも、この言葉たちを、頭で考えながら
唱えるのではなくて、ハートで感じることが大切

♪♪♪

私たちのカラダには、常に微弱の電流が流れていますが、
心臓は、実はカラダの中で一番強力な発電所です。

脳が作り出す電場より、40−60倍の強さがあり、
心臓を中心にして、大人でだいたい、1.5mから2mの
半径に電磁場ができていることが計測されています。

images-1

その電磁場から伝わる周波数が、周囲に影響を
与えるのです。

私たちがハートで感じていることは、
つねに波紋のように周りに伝わっていくのです…。

 

“薬のない病院”では、もちろん、麻酔なども
一切使われません。

生徒さんは、はっきりと意識があり、
このめずらしい施術法に対して同意している。

施術を行う側がハートですでに良くなっていることを感じ、
言葉を唱えるだけで、3分間の間に癌が消えてしまった…

ハートの英知。
意識と身体が持つ未知なる世界。

私たちは、まだ小指の先ほども、
自分たちの未知なる力を把握していないようです。

本当の癒しは、まだ始まったばかりです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください