Vシリーズ3話目 「癌はアルケミスト」

Vストーリー、3話目です♫

これまでのお話をまだ読んでいない方は、ぜひこちらを先に読んでください♪

第1話 http://selfhealing7.com/2022/02/17/v-day/
第2話 http://selfhealing7.com/2022/02/26/cityofjoy/


(^O^☆♪

Vはコンゴの女性たちと出会い、彼女たちと共に、

「City of Joy」と呼ばれる、

女性たちが癒されるための場所、自分の中に力を取り戻すための
サンクチュアリをつくることに全力をそそいでいきます。

ところが、「City of Joy」がオープンする直前、
Vは子宮癌をわずらっていることを発見する…。




そこから、Vの癒しの旅が始まっていきます。

子供の頃に虐待を受け続けていたVは、長い間、
自分のカラダに
住むことができなかった。

あれほどたくさんの世界中の女性たちに勇気を与え、
Vにしかできない表現で大成功をおさめ、豊かさを手に入れ、
街を歩けば、レストランに行けば、

「あなたの本読んだわ!」

「バジャイナモノローグ見たわ!」

…と感謝される。

なのに、そんなVが癌…しかも子宮癌という病にかかってしまった…。
気づいた頃は、末期に近かったと言います。

けれど、本当はもっと前から、自分のカラダからサインはたくさん来ていた。
気づいていたけれど、半分眠っているフリをしていた。

それはまるで、私たちが地球が壊されていっているのを、
どこかで気づいているのに気づかないように暮らしてきたのと同じこと…。

そんな風にVは言います。

Vは癌のおかげで、自分のカラダとどうしても関わらざるを得なくなり、

「…癌が私と私のカラダとの壁を壊してくれた…」

「癌はアルケミスト、私を変えてくれるためにやってきてくれた」

…と彼女の著書で綴っています。

と同時に、柔らかい皮膚にメスを入れられ、内臓を切り取られ、
身体のあちこちに管を通され、薬、注射、異物、放射線…
とてもVらしく、包み隠すことなく、治療の苦しさ、その過程も
ありありと綴られています。

そしてVは、そんな痛みの中で、自分の身体を通して、
地球が同じ思いをしていることも感じていきます。

 

私は本を読む時は、なるべく紙の本で活字を追って読むのが好きなのですが、
Vの本は一度は必ず音声で聞きます。

オーディオブックは、V自身が読んでくれていて、
彼女がプレイシアターの女優ということもあるのだろうけれど、
それ以上に、ものすごい迫力というか、
気持ちが込められているというか、グイーッと引き込まれて、
まるで彼女の体験の中にいるような錯覚にさえおちいってしまうほど、
Vの声を通して、Vの世界が伝わってきます。

特に次のVの言葉を聞いた時は、ズシン…と胸に響きました。
Vはまるで叫ぶように問いかけます。

「レイプ癌っていうものがあるんじゃないの?」

「私の癌はレイプ癌じゃないの?」

「子宮癌は性的な暴力を受けたり、レイプされるとなるんじゃないの?」

「レイプ癌細胞は、暴力を受けた瞬間に生まれてくるんじゃないの?」

「子宮癌や卵巣癌や腟癌にかかる女性たちのどのくらいが、
性的な暴力を体験しているの?誰か知らないの?誰かリサーチしてないの?」



すごい確信をついている言葉だと思います。


このVの叫びは、きっとVと同じような体験をした女性たちの
叫び声なんじゃ
ないかなって思います。

でもきっと、誰もそんなこと今まで口に出せなかった。
やっぱりVってすごいよね。

さて、Vシリーズ、もう少し続いていきます。
ちょっと内容が重いけれど、こういうことって、ちゃんとみんなで
関わっていかないと、
全然終わっていかない。

Vのように性暴力の被害にあった人が読むのはしんどいと思います。
だから、そうじゃない人が一緒になって、しっかり読んだり聞いたりして、
重い話だけど、間接的にもその痛みを分かち合っていく。

そういうことが、とても大切だと思います。
当事者同士だけの問題じゃなくて、私たち社会全体の問題だから…。

 

子供の性暴力は、女の子だったら3人にひとり、
男の子は4人にひとりの割合で体験していると言われています。

そして、
「性暴力はその人の内側から魂を破壊していく」

これは、前回書いたステイシーの言葉です。

3人に一人の女性が内側から魂を破壊されていたら、
もう立派なパンデミックだよね。

なんでコロナのパンデミックはあんだけ騒がれて、
性暴力というパンデミックが同じように騒がれないのか、
おっかしいじゃんねー!!

ブーブー。

…というわけで、もちょっと続くVシリーズ、
どうぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください