エル・カミーノへの巡礼の旅

アメリカに住み始めてホヤホヤの頃、古本屋さんで、
ある本が目に留まりました。

タイトルは、“The Psychic Pathway”(サイキックへの道)
~A Workbook for Reawakening the Voice of Your Soul~
日本語版は、「魂に目覚める旅:12週間未知能力開発」

sonia17

「えー、サイキック?私にもなれるかしらー♩」
なーんて思いながら手に取ると、ワークブックだったので、
普通の本の大きさよりも大きめで、長方形じゃなくて正方形で、

ページをめくると、書き込めるようにたくさんの空白があって、
なんとも楽しそうな本だったので、すぐに購入しました。

内容を覚えているかと言うと、もう、ほとんど忘れてしまったし、
今は、本も手元にないし、まじめにワークをしたかといえば…
ほとんどしなかったと思います…(泣)。

でも、とても楽しく本を読んだことは、覚えています。
何よりも、その本を書いたソニア•ショケットさんの印象、

本の中に時々のぞかれる彼女の生活感が、それは、それは、
魅力的でした。

sonia

自分の直感を信頼し、自分の感覚を軸にして、
食べ物も、住む場所も、着るものさえも、彼女は、
自分で好きなようにつくって、好きなように着て、
子育ても、バタバタと忙しい中、とてもクリエイティブに
楽しそうで、自由さが溢れ出ているような印象でした。

「すごいな~、自分の直感に従って生きていくと、
こんな素敵なライフスタイルができるのかな~♩」

なんて、思ったことを覚えています。

その頃の私の生き方と言えば、「既製服」。

若い頃、まだ日本の会社に勤めていた時、
「一家に一台」って言われてたことがあります。

その意味は、
「キミみたいなコが、一家に一台(テレビみたいに)、
いてくれたらいいよねー」

っていう、一応、褒め言葉(のつもり)でした。

「既製服的生き方」が、バーッチリと身に付いていた私でした。

who-am-i

既製服と言えば、あらかじめ大量生産された既製品。
誰が着ても、たいてい無難に似合って、TPOに合わせて、
取っ替え引っ替え、既製服を着こなしていれば、
どこでも、誰にでも、受け入れられる。

私のその頃の生き方は、まーさーにーそれ。

なるべく受け入れられるように。
なるべく褒められるように。
なるべく評価されるように。

言われたことを、とにかくこなしていく(そうしていれば、安全)。
人が喜ぶような態度を取る(ものすごく自然に、ほとんど無意識に)。
控えめ、謙虚でいる(注:本当の自分を隠している、勘違い謙虚)。
できる限り、NOは言わない(選択肢にない)。
人の話を良く聞く(自分の意見は、あまり言わない。
特に、目上の人や、男性の前では)。
なるべく人のペースに合わせる(人に迷惑をかけてはいけない)。
人の気持ちを尊重する(自分の気持ちは、さておいといて)。
頼まれたことは、なるべく引き受ける(ちょっと無理をしても…)。



…まだまだいっぱいありますけど…。

で、こんな生き方をしていると、本当に、褒められたり、
よろこばれたりするもんだから、それが、本当に正しい生き方のように
思えてくる…。

「それが自分なんだ…」とさえ、思い込んでしまう。

 

ちょっと、危険な状態です。
「そういう生き方は、正しいよ~♩」っていわんばかりに、
周囲から評価されるし、喜ばれちゃうんですから。

“便利なもの”は、喜ばれるし、重宝されます。
既製服と同じに。

kiseifuku

ただ、私の場合、母親がとても変わった人だったので、
実は、私は、ちょっと「既製服的生き方」に、
憧れていたようなところがありました。

私たち3人姉妹は、小学校の6年間、ずーっと、
給食を食べずに、お弁当を持っていってたんですが、
私がカラダが弱かったってことも、ひとつの理由なんですけど、
でも、それよりも、何よりも、母が変わっていた…。

母は、どんな食べ物が、子供たちの給食になっているか、
徹底的に調べ上げるんです。

給食の食材をつくっている工場にまで行って、調査してしまう。
私も一緒に、パン工場に連れて行かれた覚えがあります…。

確かに、40年くらい前のことなので、子供の数がものすごく多く、
どのくらい安いコストで、どのくらい大量生産ができるか…。
そこに一番、価値が置かれていた時代ですから、
学校の給食は、食品添加物満載(苦笑)…だったと思います。

なので、そんなものを自分の子供に食べさせるわけにはいかないと…。
まあ、ここまでだったら、まだ、理解できますよね。

ところが、うちの母は、そこでとまっていないんです。
校長先生に、調査の結果を突きつけながら、
直談判とか行っちゃう。学校の前でビラ配りとかも、しちゃう。

「学校給食はんた~い♩」とか言って…。

すごいですよね。
考えられない。
非常識もいいとこ。

先生たちも、みんな、私の母親のことを
知っている(悪有名)。

お弁当を持っていっているせいで、いじめる子供もいるし、
さらに、いじめる先生だっていました。

ちなみに、私の子供の頃の夢は、
「ふつーのお母さんになること」でした(笑)

なので、小学校の6年間は、忍者になる修行をしたんじゃないかと
思うくらい、とにかく、とにかく、目立たないように、
影を潜めていた…(泣)
給食の時間になれば、嫌でも絶対に目立っていたので…。

なので、
「とにかく、普通でいたい」、
「みんなと同じでいたい」

そんな切実な願いがあったので、既製服的ライフは、
ちょっとした、私の憧れでもあったのです。

なので、私の心の奥底では、
「それ(既製服的ライフ)を、自分でやっている」というのが、
まだ、わかっていました。

まったくの無意識で、「既製服」になってしまっていたわけでは、
ありませんでした。

で、さんざん、既製服をやって、本当にしあわせになれたかというと、
まったくなれなかったので、やめることにしました。
そこからは、癒しへの道、まっしぐらでした(笑)。

アメリカに行った時期は、ちょうど、その頃だったので、
手にしたソニアさんの本から感じた、
「既製服」でもなければ、「白い目で見られる変わり者」でもない、

とっても自然で、自分らしい生き方を楽しむような生き方は、
新鮮で、気持ちのいい~キレイな空気を、
カラダ中に吸い込んであげるような感じがしたのを覚えています。

sonia2

その後、ソニアさんは、どんどん有名になっていって、世界中を駆け巡る、
“スピリチュアルリーダー”見たいな感じになっていったと思います。

サンフランシスコは、そういうイベントが多いので、時々、
色んなポスターで彼女の名前や写真を見聞きしました。

「あ、活躍しているな~♩」
「すごいな~♩」

と思いながらも、私も既製服的ライフを一度ぶちこわして、
オーダーメイド、私の特注のライフを、

さらには、自分で自分の服をつくるように、
自分で自分の人生を育てていくことに悪戦苦闘(?)していたので、

彼女のイベントに行ったり、他の本を読む暇もなく、
月日は過ぎで行きました。

いつ頃からか、あまり、彼女の名前を見聞きすることがなくなり、
私もしばらく、忘れていました。

ところが…。

去年、あるコトを耳にしました。
なんと、彼女は、数年前に、エル•カミーノの巡礼に行ったと言うのです。

 

el-camino30

わあーお!

エル•カミーノと言えば、聖地巡礼路。
何年か前に、シャーリー•マックレーンが巡礼の旅をして、
その旅を綴った本が、とても話題になりました。

やっぱり内容はもう、ほとんど覚えていないのですが、
本を読み終わって、感動が冷めきらない頃は、
「私も行きたい!」という衝動におそわれていました…。

でも、その前に、じゃあ、富士山の一日登山をトライして見ようかな…とか、
思ったきりで、まだ、やっていません…(汗)。

それでも、“エル•カミーノ”という言葉を聞くと、
私の中で、何とも言えないザワメキが起こります。
もしかしたら、いつか、本当に行ってみるかもしれません…。

なので、あのソニアさんが、エル•カミーノに行ったなんて
聞いちゃった日には、ちょっとドキドキしました。

どうして、行くことに決めたんだろう?
どんな体験をしたんだろう?
一体、彼女に、何が起こったんだろう?

エル•カミーノの巡礼路は、フランスのピレネー山脈を経由して、
スペインの北部、カミーノ•デ•サンティアゴへとたどり着く、
800キロの道のりです。

その長い道のり、平たんではない山道、不安定な天気、
加えて大きな荷物をしょって2ヶ月も歩き続けることは、
よっぽどの意志と決心がなければ、できないことです。

そんなソニアさんが去年出した本のタイトルは、

“Walking Home”
-A Pilgrimage from Humbled to Healed-

sonia6

私的に意訳すると、
「自分へと帰る道―癒しへの巡礼―」
こんな感じでしょうか…。

本の前書きに、こんな文章がありました。
(これも私の意訳です)

”…これまでに私を助けてくれた、どんなツールも、役には立ちませんでした。羞恥心、挫折感に苛まされ、私はもう、人に教えることも、誰かのために、
カウンセリングをすることもできなくなっていました。

私は、もう一度始めから、本当の思いやりと謙虚さを知るために、
過去に置き去りにしていた苦しみ、痛みに、向き合わざるを得ない状態に
ありました。

巡礼の旅によって私は、それを成し遂げることができました。
800キロ(500マイル)に渡る、フランスのピレネー山脈を通って、
スペイン北部のカミーノ•デ•サンチアゴへたどり着く巡礼路を歩くことによってのみ、私は、自分を犠牲に、否認して来た在り方から、本来の私を取り戻すこと、内側の静けさを取り戻すことが出来たのです。

私の物語は、ここから始まっていきます。”

 

彼女の物語は、お兄さんの死から始まります。
ある朝突然、眠りについたまま、お兄さんのブルースが、
亡くなってしまうのです。

その2日前には、
「バースデープレゼントは、ローリングストーンズの
DVDが欲しい~♩」

なんて言っていたお兄さんなのに、
突然、逝ってしまった…。

その数週間後、最愛の息子を亡くし、悲しみを癒せないまま、
まるで息子を追うように、今度はお父さんが亡くなってしまう…。

6週間という短い間に、突然、大切な家族が、
二人もいなくなってしまった…。

ソニアさんは、それまで35年間に渡って、
スピリチュアル•カウンセラー、メンター、コーチ、師として、
多くの人を癒し、しあわせに導いて来ました。

sonia50sonia14

著書の数は20冊を超え、どんな逆境にもめげず、
いつも明るくポジティブで、笑顔がとても素敵で、

仕事を愛し、家族を愛し、はたからみても、
すべてを手に入れているように見えたと思うし、
彼女自身もそう思っていました。

ところが、二人の死をきっかけに、深い悲しみと共に、痛み、
怒りが、まるで火山が爆発したように、止まらなくなってしまいます。

あれだけ多くの人々を癒しに導いて来たと言うのに、
どんなツールも、まったく役に立たない。
自分の感情を、コントロールできない。

そんなことは、今までなかった…。
人を導く立場にいたハズなのに…。

さらに、羞恥心と罪悪感が加わります。

ただ寄り添って欲しかった、30年も連れ添った夫は、
そんな彼女の状態に困惑するばかりで、逆に、どんどん離れていく…。
2ヶ月後に、彼は家を出て行きます。

すべてが壊れていくー。
自分が壊れていくー。

ここで彼女ができることはもう、
神さまにお祈りをすることだけでした。

すがるように癒しを求めながら、彼女はお祈りをします。
そして、出て来た答えにソニアさん自身が驚きました。
エル•カミーノへの巡礼の旅だったのです。

el-camino-32el-camino31el-camino33

お兄さんのブルースは、ソニアさんのひとつ上で、
小さい頃は、二人はとても仲良しだったそうです。

でも、10歳の頃、お兄さんがドラムを習い始めてからは、
どんどんバンド活動に夢中になり、大人になるにつれて、
彼は、ドラッグ世界にはまりこんでいきます。
そして、彼の心と体を蝕むようになっていきます。

薬物で心身共にボロボロになってしまったブルースを、
家族は一生懸命にサポートします。

ソニアさんは、つねに、「思いやりのある妹」を、
やり続けます。ブルースがどんなひどい態度をとっても、
許すこと、受け入れること…。

それが”スピリチュアルな生き方”だと思っていました。

el-camino34

人が苦しみに飲み込まれてしまう時、どんどん周りが見えなくなります。
自分の苦しい世界に、はまり込んでしまいます。

時には、その苦しみを周りにぶつけ、周りを傷つけることも多々あります。
でも、ソニアさんは、お兄さんが亡くなるまで、一言も文句も言わず、
「思いやりをもった妹」、「スピリチュアルな生き方」を貫き通しました。

最初に出て来たのは、そんなブルースに対する、
激しい怒りでした。

本当は、ドラッグにおぼれて、家族を苦しめる兄に、
とことん、嫌気がさしていた、疲れていた、もうたくさんと思っていた。

そして、さんざん、家族を振り回したあげく、
勝手にいなくなってしまった。

彼の死をきっかけにして、今まで封印していた痛みが、
怒りが、深い悲しみと共に、火山のように吹き出して来たのです。

そして、お父さんは、そんなブルースをこよなく愛し、
最後まで、いつも心配し、気にかけ、大人になっても、
毎日、様子を見に行っていました。

ソニアさんは、1957年生まれです。その頃の時代は、
アメリカでも、まだまだ、父親というのは、娘の存在を、
娘としてしか見ていない時代です。

「娘としか見ていない」
どういうことでしょうか。

「同じ対等な人間としては、見ていない」
ということです。

先にも書きましたが、ソニアさんは、スピリチュアルなメンターとして、
素晴らしいカウンセラーとしてキラキラと輝き、大成功をおさめていました。

でも、そんな生き方を、彼女のお父さんは、
まったく認めていませんでした。見てもいませんでした。
お父さんの前で、仕事の話をするのは、まったくのタブーでした。

人の意識の奥に潜在する無意識は、知らないでいると、
“恐るべし…”です。

「娘はこうあるべき」という範囲を超えようとすると、
無意識に、それをじゃましようとするおとーさん、

じゃまはしなくても、どうしていいかわからなくなって、
困惑してしまうおとーさん、受け入れられなくなってしまうおとーさん…。

そんなおとーさん、たくさんいます(泣)。
繰り返しますけど、無意識です。

多くのおとーさん、男性には、まだまだ女性に対する、
「無意識の観念」があります。

「女性は、男性の後ろにいるべき存在」
「自分を超えてはならない存在」
だって、「自分よりも、劣っている存在だから」

これ、古~い、でもまだ生きている、社会的な集合無意識です。
またの名を、恐るべし、社会的催眠術…。

なので、それが自分の娘の成功であれ、自分の思い通りに生きない
娘たちに、多くの父親は、無意識の怖れを抱きます。

そんな不条理すべてを封印し、つねに思いやりのある態度で、
「ケアをする人」をやってきたソニアさん。

愛されるために、
評価されるために、
受け入れられるために、
私たちは、全力を尽くすのです。

夫に対しても、つねにケアする側だったソニアさん…。
初めてソニアさんが助けが必要になったとき、
いつもケアされる側だった夫は、困惑し、寄り添えない…。

二人の死の2ヶ月後、夫は出て行き、
ソニアさんは、エル•カミーノへ行くことを決めます。

sonia4

すでに行く前から、たくさんのプロセスが、彼女に起こります。
印象的だったのは、彼女が、登山靴を選んでいる時の場面。

その筋専門のお店の人は、彼女がエル•カミーノに行くと聞いて、
ものすごく真剣に、靴を選んでくれます。

ソニアさんが、「これでいいわ」と言っても、
じっくりと靴の中の足の感覚をたずねたり、
10分間、店内を歩いて来るように指示したり、
ものすごく丁寧に、ソニアさんのために、靴を選んでくれるのです。

それがソニアさんにとって、ものすごくい心地が悪いのです。
いつも、自分の用事は、ささっと済ませてしまっていたソニアさん。

他の人が、それだけじっくりと自分をケアしてくれることに、
まったく慣れていないことに、彼女は気づきます。

そんな生き方をしてきたソニアさんにとって、
誰のケアもせず、家を空け、子供も仕事もクライアントも後に残し、
一ヶ月半、ひとりでエル•カミーノへの巡礼をすることは、
言うまでもなく、大きな、大きな、チャレンジでした。

sonia3

さて、この先の、彼女のエル•カミーノへの道のりは、
ソニアさんの本を読んでのお楽しみ~♩に、しておきます。
(早く、日本語版が出てくれるといいなー♩)

巡礼の後、ソニアさんは、言いました。
(本が出版された時のインタビューで、言っていました)

「私を一番、苦しめていたもの、それは“否認”でした」

 

これは、とても、とても、大切な一言だと思うのです。
あなたも、自分の胸に手をあてて、耳を澄ませてあげてみて下さい。

認めたくない自分を、どこかに置き去りにしてないかな…?
感じたくない痛みにフタをしていないかな…?

“否認”こそが、拷問のような苦しみを彼女に与えていたこと。
“スピリチュアルな生き方をしている人”でいたかったこと。
”しあわせに生きている”と、思いたかったこと。
つねに、”優しく強い人”でありたかったこと。

実際に、彼女はそうでした。それはうそではありません。
でも、その影に隠された彼女の怒り、ネガティブな感情は、
いつも否定され、否認され、暗闇の中に置き去りにされたまま、
癒されないままでした。

そこに、やむを得なく光があたり、もう、向き合うしか方法がなかった。
もう、否認することは1ミリも出来なくなっていた。

そして、彼女は、一歩、一歩、エル•カミーノへの道のりを
踏みしめるたびに、足の痛み、カラダの痛み、心の痛み、
泥沼のような疲労感、それらすべてを自分で引き取って、
本当の癒しへと、本当の自分へと、向かっていきました。

sonia13

私たちの中には、みんな、「こうなりたい自分」という
イメージや、思いがあります。

すばらしいセラピスト…だったり、
ビジネスで大成功をおさめている人…だったり、
スピリチュアルな人…だったり、

異性にモテモテな人、
しあわせな家庭に恵まれている人、

何もかも手に入れている人、
誰からも好かれる人…

人それぞれですが、「こうなりたい」と思うことは、
私たちを前に進ませ、成長させていく、とても大切な要素です。

でも、「こうなりたい」という思いが、
いったい、どこから来ているのか…。
誰に教わったことなのか…。

いつの間にか、
「これが女性としてのしあわせ」とか、「男はこうあるべき」とか、
外側から受け取った既製服のイメージに、染まってしまっていないかどうか…。

いつの間にか、
周りからの評価をえるために、「こうなりたい自分」を、
「こうなるべき自分」と、すりかえてしまっていないか…。

いつの間にか、
自分の痛みを隠すために、「しあわせな自分」を
演じてしまっていないか…

一度、確認してあげるといいと思います。
私なんてもう、ほんと、ひどかったですからー(苦笑)。

既製服の時期、本当に自分はしあわせだと思い込んでいましたから…。
でも、ふたを開けたら、劣等感や無価値感が、どろどろと…(笑)。

ま、みんな、そんなもんです(笑)♩
そうしないと、生きにくかった時代でしたから。

でも、どんな自分を見つけても、
まずはいっぱい、ほめてあげてください♩

「ここまで、よくやってきたね…」って。

sonia10sonia25sonia12

どんな自分を発見しても、「発見して良かった!」と、
たっぷり心の中で抱きしめてあげてください。
誰よりも大切な、大切な、あなたの一部です。

ソニアさんのコトバ、時々、思い出してみて下さい。
「否認は拷問…」です。

自分を丸ごと、愛していきましょう♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください