ミニィme(エゴ)をゆだねていくことについて、もう少し!

ミニィme(エゴ)じゃなくて、
ソウルの自己実現を起こしていく、

女神バイブル2.0
 ブラックマドンナ
〜聖なる闇のワーク〜

7週間オンライン講座
8月6日(日本時間)まで
お申し込み受け付けています♪

詳細とお申し込みはこちらから↓↓↓
https://feminine-genius.net/MegamiBible2.0/blackmadonna.pdf

おとといのインスタライブ、
YouTubeにもアップしました!
↓↓↓
https://youtu.be/0iRRvMg1J10

(^O^☆♪

*******

今日はもう少し具体的に、ミニィmeちゃん(エゴ)を
手放していく、ゆだねていくことについて話していきます。

(^_^)☆

「これが私」という”自分感”というものがあります。
感覚と共に骨の髄まで染み込んでいる”自分感”の中には、

私はこういう性格で、
こういうことは得意だけど、
こういうことは苦手なタイプ…

…とか、

こういうことが好きで、
こういう家族がいて、
こういう友達がいて、

こういう過去を体験してきたから、
今の自分はこんな感じだから、
きっと未来はこんな風で…

…のような感じで育んできた”自分感”です。でも、その”自分感”の
中にいるあなたは、ほとんど本当のあなたではありません(きっぱり!)。

…あるいは、あなたの小指の先くらいのほんの一部分…。

今まで、”これが私”と思ってきたのは、ほとんどがミニィmeちゃんなあなたです。
ミニィmeちゃんは、この三次元の物理次元を生きるためにはとても大切な存在です。
カーナビ(古いかしら?w)みたいに、外側の現実をナビゲーションしてくれる
役割がミニィmeちゃんです。ヘルシーなミニィmeちゃんは、私たちの生活に必要不可欠…

ミニィmeちゃん、
ありがとーん…(*’▽’*)…です♪

ですが、私たちは現実を上手にナビして、快適にい心地よく生きるためだけに、
わざわざこの地球に生まれてきたわけではありません。

↑ここがとっても大事♪

(^_^)☆

そこが軸になってしまうと、私たちは外側の現実にギュゥ〜っと
フォーカスをしながら生きるようになります。

できるだけ外側の現実をい心地のいいように、快適に、
便利に、楽しく生きられれば、それがしあわせというもの…
…みたいな”ミニィmeのライフ”が始まっちゃいます。…っていうか、
そういうライフを送ってきましたよね、私たち。

でもでもでもでもでも=3
(↑またハナイキ荒くなってきた・笑)

そんなミニィmeちゃんのしあわせとは、まったく次元のちがう、本当の自分を
生きるという、深いよろこび…そして、本当の自分を生きていると自然におとずれる、
相手のしあわせを心の底から祝福できる自分…(無理してじゃなくてね)

深く大きな愛を持つ自分にめぐり合うことができる…。

↑これ、ブラックマドンナの大きな特徴よ♪

(^O^☆♪

そんな私たちに、進化していく大きな扉が開いているのが今、今、今、
この大切な今の時期です。すごい進化を成し遂げる時期に
生きているんだよ、私たちって!!

そして、こういう大きな変化の時期には、
必ず大きな揺れがやってきます。

今回は大規模で、進化か絶滅か…みたいな…( ゚д゚)!!
もう、あっちこっちでその揺れは、地球規模で惑星現象として、
社会現象として、そして、個人や家族の中でも、起こっていますよね。

その”揺れ”の根底にあるのが、私たちが闇の中に葬ってきた、
見ないようにしてきた、無関心を装ってきた、大切なカケラちゃんたちです。

迎えにいくんだよー♪
そのカケラたちを…
超パワフルな闇の女神と一緒に♪

そしてね、これから大きな揺れをどうしたって誰もが通過していく時期、
ものすごい深い愛のブラックマドンナに見守られて、愛されていることを、
肌で感じながら生きるって、私はもう、他の何よりも大切なことだと思っています。

…というわけで、

この大切な時期、
ブラックマドンナとつながりながら、

ミニィme(エゴ)じゃなくて、
ソウルの自己実現を起こしていく、

女神バイブル2.0
 ブラックマドンナ
~聖なる闇のワーク~

7週間オンライン講座、

ひかれたら、もう迷わずに、
飛び込んできてください。

ブラックマドンナに
呼ばれているから…。

詳細とお申し込みはこちらから♪
https://feminine-genius.net/MegamiBible2.0/blackmadonna.pdf

8月6日(日本時間)まで
お申し込み受け付けています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください